航空母艦、海軍の要③

どうも!昨日は休んでしまい申し訳ありませんでした・・・
ちょっとした理由でパソコンを開くことができずにいましたm(_)m

さて!

3回と言ってきましたが、意外にも記事量が多く3回では収まりきりそうにありません…
これも本当に申し訳ないのですがもうちょっと航空母艦についての記事が伸びそうです。
どうかお付き合いください!!!

というわけで、世界的軍縮状態が落ち着きを見せ、世界ではナチス・ドイツのヒトラーや、イタリアのファシスト党ムッソリーニなどが第一次世界大戦の結果を受けて徐々に軍拡路線へと分岐器を通っていき、第二次世界大戦へと進んで行きました。

第二次世界大戦で航空母艦は海軍の主役となりました。第一次世界大戦で航空機による戦果が大きく、これまで主役であった戦艦は航空兵力には太刀打ちできなかったのです。

日本においても大艦巨砲主義の終焉に伴って、設計・建造方針においては日本の艦隊運営を担う艦政本部を中心に、航空母艦を主軸とした機動艦隊が戦力の中心とされましたが。だた、軍令部やその戦術方針においては、艦隊決戦主義や大艦巨砲主義が根強く残り、戦艦中心としてあくまでも航空母艦はその補助として機動艦隊が編成されました。戦艦中心の機動艦隊ではなく、航空母艦やその補助艦の機動力を押し出した第一機動艦隊を創設したのは昭和19年(1944年)3月と、かなり遅いもので、日本海軍が大敗をしたミッドウェー海戦昭和17年(1942年)のなんと2年近くも先の事でした。

ほんと、言われているように日本の軍部は頭が固いですね・・・

戦争がはじまると、戦時急造の空母として日本では中型艦隊型航空母艦、イギリスでは軽航空母艦が建造され、第二次世界大戦では正規航空母艦以外にも大量の航空母艦が巡洋艦や水上機母艦、商船や客船をベースにした改装された航空母艦が建造されました。

太平洋戦線では日米海軍の航空母艦が活躍し、大西洋や地中海では空母を持つイギリス海軍がドイツやイタリアの艦船を攻撃しました。また戦場以外の洋上でもアメリカが大量に建造した護衛空母は、対潜哨戒機の補助として制空権の確保と保持を担い、連合国側のシーレーンを確保することになります。

太平洋戦線ではこの航空母艦部隊が戦局を大きく左右することになります。例えば、航空母艦を中核とした機動部隊の活躍は日本の航空母艦6隻から発進した航空機が真珠湾に停泊していたアメリカ太平洋艦隊の戦艦群を壊滅させた真珠湾攻撃から始まり、日米の正規空母による激突する海戦が何度も発生しました。

最初の機動部隊同士による海戦は、1942年5月8日の珊瑚海海戦です。

続くミッドウェー海戦では日本海軍は4隻の主力航空母艦を失い、大きく戦力を減じた日本海軍でしたが、南太平洋海戦では勝利してアメリカ軍の稼動航空母艦を皆無状況まで追い込むことができましたが、強大な国力と工業力を背景に航空母艦戦力の大増強を続けるアメリカに対し、日本の戦力回復は工業力の小ささから進まず、その後の戦力比はアメリカに大きく傾くことになります。

そして、マリアナ沖海戦時には日本の劣勢が明らかになっており、レイテ沖海戦時の日本空母部隊は、囮の役目しか果たせなくなっていました。

さて、あとは戦後!あと1回⁉
またみてくださいね~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です